大河ドラマ

大河ドラマ「麒麟がくる」第19話 あらすじ&感想【ネタバレ】

どうも、うめたろうです。

5月24日の放送予定の「麒麟がくる」19話「信長を暗殺せよ」は、5月24日の放送予定です。

「麒麟がくる」19話のあらすじ(ネタバレ)&感想です。

主要キャスト

明智光秀(あけちみつひで):長谷川博己

煕子(ひろこ):木村文乃

牧(まき):石川さゆり

織田信長(おだのぶなが):染谷将太

帰蝶(きちょう):川口春奈

土田御前(どたごぜん/つちだごぜん):檀れい

朝倉義景(あさくらよしかげ):ユースケ・サンタマリア

足利義輝(あしかがよしてる):向井理

三淵藤英(みつぶちふじひで):谷原章介

細川藤孝(ほそかわふじたか):眞島秀和

松永久秀(まつながひさひで):吉田鋼太郎

三好慶長(みよしよしなが):山路和弘

 

「麒麟がくる」19話「信長を暗殺せよ」あらすじ(ネタバレ)

この投稿をInstagramで見る

福井市おもてなし観光推進課(@fukui_city_kanko)がシェアした投稿 -

「麒麟がくる」19話のあらすじ(ネタバレ)です。

 

朝倉義景(あさくらよしかげ)から許しを得て、明智光秀は、越前に移り住むことになりました。

明智光秀が、越前に移り住んで2年が経ちました。

そんなある日、明智光秀は、朝倉義景に呼び出されます。

 

朝倉義景に、「京都の情勢を、探ってきてほしいと」と頼まれます。

将軍・足利義輝(あしかがよしてる)は、三好慶長と和解し、再び、京都に戻ってきていました。

細川藤孝(ほそかわふじたか)や松永久秀(まつながひさひで)と面識がある明智光秀。

 

明智光秀は、京都の情勢を探る為、京都に行くことになります。

尾張国では、織田信長が尾張統一を、果たそうとしていました。

尾張を治めた織田信長は、京都に上洛することを決めます。

 

そこで、美濃国の斎藤義龍(さいとうよしたつ)は、隣国のライバル、織田信長の命を狙おうと考えます。

京都で、信長の暗殺を聞いた明智光秀は、計画を未然に防ごうとします。

斎藤義龍と再会した明智光秀。

 

斎藤義龍は、「再び、美濃国を一緒に大きな国にしよう」と明智光秀を誘います。

果たして、明智光秀はどうするのか・・・・。

 

「麒麟がくる」19話「信長を暗殺せよ」感想

「麒麟がくる」19話「信長を暗殺せよ」が放送されました。

清州城にて、織田信長と母である土田御前(どたごぜん)が話しています。

織田信長によって、最愛の息子であった信勝を殺された土田御前は、泣き崩れます。

 

土田御前は、織田信長に憎しみを持って言いました。

「おぬしは、いつも私の大切なものを壊す・・・」

「今度は、信勝までもが壊された・・・」

「弟だけではない、母も殺したのだ」

 

自分の息子に、ここまで言えますか?

土田御前は、もはや織田信長のこと、を息子と思っていないのでしょう。

織田信長は、放心状態になり、「父も弟も、母も失った」と落ち込みます。

 

この戦国時代は、自らが這い上がるには、多くの犠牲が必要でした。

家族、仲間、家臣、妻、子供、如何なるものを犠牲にしなければならない・・・。

天下統一を目指す者なら尚更、その覚悟が必要なのです。

 

「それでも、あなたは、天下統一を目指しますか?」

何かのキャッチフレーズにありそう・・・。

 

越前国では、明智光秀が、浪人暮らしをしていました。

明智光秀は、子供たちに読み書きや、行儀作法を教えています。

そんなある日、明智光秀は、朝倉義景(あさくらよしかげ)に呼び出されます。

 

将軍・足利義輝(あしかがよしてる)が、三好慶長と和睦をし、京に戻りました。

足利義輝は諸大名に連絡し、挨拶に来るように投げかけます。

朝倉義景は、とりあえずの対応として、鷹を献上をして様子を見ることにします。

 

明智光秀は、その鷹を献上するため、京都に行くのでした。

家に帰った明智光秀は、妻の煕子(ひろこ)から、子供を身ごもったことを聞きます。

明智光秀は、嬉しそうに「よくやった」と妻を褒めました。

 

京に到着した明智光秀は、細川藤孝(ほそかわふじたか)と三淵藤英(みつぶちふじひで)と再会します。

三淵藤英は「朝倉殿が上洛されないのは残念だ、この呼びかけに応じた大名は少ない」と言います。

将軍家の力は、日に日に落ちていました。

 

明智光秀は、将軍足利義輝に挨拶をし、能を一緒に見学します。

この時、美濃の国主・斎藤義龍(高政)は、数日前に上洛をしていました。

明智光秀は、細川藤孝からある噂を聞きます。

 

その噂とは、「近く上洛する織田信長の命を、斎藤義龍の刺客が狙っている」とのことでした。

明智光秀は、将軍である足利義輝に止めてもらうことを考えます。

しかし、細川藤孝は「今の上様には、もはや抑える力はない」と明智光秀に伝えます。

 

今、京で一番力を持っているのは、三好長慶(みよしながよし)です。

その三好慶長の家臣である松永久秀(まつながひさひで)が、京都の治安を任されています。

細川藤孝から現状を聞いた明智光秀は、松永久秀に会いに行きます。

 

明智光秀は、松永久秀と再会しました。

松永久秀は、明智光秀のことを心配し、久々の再会を喜びます。

11年前、三好慶長と松永久秀が襲撃された時、明智光秀が二人を助けた借りがありました。

 

明智光秀は、「そのかりを、お返しいただきたい」と言い、織田信長襲撃の件を頼みます。

友達と久々に再開して、いきなり、「あの時の借りを返して」って結構、言いずらいですよね・・・。

 

松永久秀は、斎藤義龍の説得に成功します。

明智光秀は、斎藤義龍に呼ばれ、面会することになりました。

 

浪人になった明智光秀を見て、斎藤義龍は言います。

「おぬしは、道を誤った・・・、わしに従っていれば、今頃、美濃で要職に就いていた」

 

斎藤義龍は続けて、明智光秀に言います。

「美濃を豊かな国にするために、もう一度、明智光秀の手を貸してほしい」

「弟や父を殺し、自分の家臣たちは表向きに従っているものばかりだ・・・」

 

明智光秀は、その誘いをきっぱりと断ります。

斎藤義龍は、明智光秀に問いかけました。

「おぬしは一体、何がしたいのだ」

 

明智光秀は、斎藤道三に言われた言葉を教えます。

「大きな国を作れ・・・、誰も手出しができない、大きな国を」

「今はどうしていいかわからないが、胸の内にずっとこの言葉がある」

斎藤義龍は、「美濃よりもか」と言い、明智光秀は、「そうだ」と返しました。

 

美濃一国で、満足しようとしている斎藤義龍

一国では収まらない、大きな視点で見ている明智光秀

 

二人の考え方には、大きな違いが生まれていました。

斎藤義龍は、この二年後に病により、この世を去りました。

 

3日後、織田信長は、将軍・足利義輝に謁見しました。

織田信長は、美濃の斎藤義龍と駿河の今川義元に兵を引かせるよう懇願します。

それを聞いた足利義輝は、今川義元よりも上の官位を、織田信長に与えようとします。

 

足利義輝は、「官位をあげれば、兵を引く」と考えていました。

しかし、その場にいる誰もが口には出せないが、わかっている事がありました。

もはや、将軍家から授かる官位には、なんの力もないことを・・・。

 

足利義輝は、「今の私は、官位をあげることしかできない」と呟きます。

織田信長の京での収穫は、将軍である足利家の力が、落ちていることを実感したことでした。

 

松永久秀と明智光秀は、織田信長について話していました。

松永久秀は、「ただのうつけではない」と織田信長を評価します。

そして、大名同士の争いを治められない将軍家の実態を感じた明智光秀。

松永久秀は、明智光秀に語ります。

「また、戦になるかもしれないし、ならないかもしれない・・・」

 

もはや、将軍家の威光が落ちているのは、誰の目にも明らかでした。

自国が攻められても、誰も助けてはくれません・・・。

自国を守るのは、己の力のみ・・・。

各国の大名たちは、戦力を蓄え、戦(いくさ)の備えをするのでした。

 

過去の大河ドラマを、U-NEXTの無料トライアルを使えば、無料で見ることができます。



-大河ドラマ

© 2021 歴史の未来ブログ Powered by AFFINGER5