大河ドラマ

大河ドラマ「麒麟がくる」第40話 あらすじ&感想【ネタバレ】

どうも、うめたろうです。

大河ドラマ「麒麟がくる」第40話「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」は、1月10日の放送予定です。

「麒麟がくる」第40話のあらすじ&感想です。

 

キャスト

明智光秀(あけちみつひで):長谷川博己

玉(たま):芦田愛菜

藤田伝吾(ふじたでんご):徳重聡

織田信長(おだのぶなが):染谷将太

帰蝶(きちょう):川口春奈

織田信忠(おだのぶただ):井上瑞稀

柴田勝家(しばたかついえ):安藤政信

佐久間信盛(さくまのぶもり):金子ノブアキ

羽柴秀吉(はしばひでよし):佐々木蔵之介

松永久秀(まつながひさひで):吉田鋼太郎

筒井順慶(つついじゅんけい):駿河太郎

三条西実澄(さんじょうにしさねずみ):石橋 蓮司

駒(こま):門脇麦

伊呂波太夫(いろはだゆう): 尾野真千子

 

大河ドラマ「麒麟がくる」第40話「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」あらすじ(ネタバレ)

本願寺の戦いの最中、突如として織田軍から消えた松永久秀。

松永久秀がいなくなったことで、織田軍は動揺を隠せません。

明智光秀は伊呂波太夫を通じ、松永久秀に会いました。

 

離反を決めた松永久秀に、その訳を聞く明智光秀。

織田信長は、大和の守護を筒井順慶に任せることを決意しました。

 

松永久秀は、織田信長の考えが、許せないと明言するが・・・。

果たして、明智光秀は、松永久秀を説得できるのでしょうか。

 

大河ドラマ「麒麟がくる」第40話「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」感想

 

「麒麟がくる」第40話「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」が、放送されました。

 

本願寺との戦いの戦場から、突如として松永久秀が姿を消した・・・。

 

京では、明智光秀が屋敷の縁側で、煕子を想っていました。

煕子を亡くした明智光秀は、煕子の爪を大事に持ち歩いていると言います。

駒は光秀の娘・玉に、薬の調合を教えていました。

 

伊呂波太夫から手紙を託された駒は、光秀に手紙を渡します。

明智光秀は、京のある屋敷を訪ねました。

そこで、三条西実澄と会い、帝が光秀と話をしたいと言うことを聞きます。

 

屋敷に入ると、そこには伊呂波太夫と松永久秀がいました。

明智光秀は、お酒を所望します。

「今日は、飲みます・・・、飲まずにはおれん!」

 

明智光秀は、羽柴秀吉が柴田勝家と喧嘩をして、戦場を抜け出したことを話します。

それを聞いた松永久秀は、「羽柴秀吉の気持ちがわかる」と言いました。

無能な柴田勝家を大将とし、上杉謙信と戦わせたこと・・。

それが気に入らない様子の松永久秀。

 

松永久秀は、大和の国を筒井順慶にあげた織田信長を恨んでいました。

「わしは決めたのじゃ・・・、わしは寝返る、本願寺方につくことにした」

本願寺勢は、松永久秀に大和一国をくれると約束しました。

 

松永久秀は、天下一の名物と言われた茶釜「平蜘蛛(ひらぐも)」を、明智光秀に見せました。

織田信長は、この平蜘蛛をどうしても欲しがっていると言う。

松永久秀は、意地でも平蜘蛛を織田信長に渡さないと誓います。

 

もし、渡すことになれば、明智光秀になら渡してもいい・・・。

「そなたと戦うのは本意ではない」

松永久秀の本心は、明智光秀とは戦いたくはないのである。

 

話を聞いていた明智光秀も、松永久秀とは戦いたくはありませんでした。

「私が信長様に命を懸けても、止めて見せます!」

明智光秀は、松永久秀を説得します。

 

しかし、松永久秀は「私にも意地がある」と、決意を曲げません。

松永久秀は、茶釜・平蜘蛛を手に取り、明智光秀に言います。

 

「これはわしじゃ、そなたに討たれたとしても、これは生き残る・・・」

「そなたの中に生き続ける・・・、それでもいいと思ったのじゃ・・・」

明智光秀は、「解せぬ、解せぬ、解せぬ」と納得いきません。

 

松永久秀は、続けて明智光秀に言います。

「わしが勝てば、わしの手に残る・・・、そなたが勝てば、そなたの手に残る」

松永久秀は、平蜘蛛を伊呂波太夫に預けておくことにしました。

 

「平蜘蛛などほしくはない!戦などしたくはない」

涙を流しながら明智光秀は、松永を必死に食い止めました。

しかし、覚悟を決めた松永久秀の前に、明智光秀の想いは届きませんでした・・・。

 

松永久秀は、大和の信貴山城(しぎさんじょう)で挙兵します。

本願寺や上杉謙信といった反信長勢力に加勢し、織田軍と戦います。

松永久秀は、雄たけびをあげました。

「信長、恐るるに足らず!!」

 

織田信長は、嫡男・織田信忠を総大将とし、大和に送り込みました。

織田家の家臣・佐久間信盛が、明智光秀に話します。

織田信長は、「平蜘蛛を渡すなら、松永久秀を許してもいい」と、考えていると言う。

「松永久秀を殺しても、平蜘蛛は必ず持って来い」と、佐久間信盛は命じられていました。

 

明智光秀の前に細川藤孝が、嫡男の細川忠興を連れてきます。

細川忠興は、明智光秀にあいさつをしました。

 

 

織田軍の猛攻により、信貴山城は落城・・・。

城内では、松永久秀が茶道具に火をかけ、家臣に命令をします。

「よいか、わしの首をこの箱に入れろ!」

「名物と共に焼き払え!」

 

松永久秀は、自らに短刀を突き付けました。

「げに何事も一炊の夢・・・、南無三宝!」

松永久秀は叫びながら、炎に包まれ、その姿を消しました。

 

迫力ある最後でした・・・。

また一人、明智光秀の理解者が、いなくなりましたね・・・。

 

 

近江の安土城では、織田信長が泣きながら、叫んでいました。

明智光秀は、安土城に呼び出されます。

信長の正室・帰蝶と再会をしました。

 

帰蝶は、近頃、信長の気持ちがよくわからないと言います。

さらに、信長は何かを怖がっているとも言いました。

 

富士山には神仏が宿り、そこに登った者は祟りをうける・・・。

織田信長も今では、天下一の高い山に登っています。

その山に登れとけしかけた帰蝶は、信長とともに祟りを受けるかもしれないと考えます。

 

帰蝶は、その山を降り、美濃国の鷺山(さぎやま)で暮らすことを、明智光秀に告げました。

戦が終わり、穏やかな世になったら、一緒に茶でも飲もうと約束しました。

 

 

そこに、織田信長がやってきました。

佐久間信盛が茶道具を無傷で持ち帰らなかったことに、怒っていました。

織田信長は、明智光秀に2つの要件があると言います。

 

一つ目は、平蜘蛛の行方・・・。

松永久秀が所持していた平蜘蛛が、どこを探してもないと言います。

明智光秀が、松永久秀と密会していたことを織田信長は知っていました。

 

織田信長は、松永久秀と何を話していたかを尋ねます。

明智光秀は、松永久秀を説得していたこと、昔話を話したことを伝えます。

「平蜘蛛の話ではなかったのだな・・・、それは、残念じゃ」

 

織田信長は、松永久秀を死なせたくはなかったと言います。

松永久秀も帝も、帰蝶もなぜ、自分に背を向けるのかと疑問に思います。

 

そして、もう一つの要件である玉の嫁ぎ先について話します。

光秀の娘・玉を細川藤孝の嫡男・細川忠興に嫁がせよと言います。

 

「話は以上だ、丹波に取り掛かれ・・・」

信長の話を聞いた明智光秀は、その場を去ります。

 

織田信長は、ポツリと呟きました。

「十兵衛は初めてわしに嘘をついた・・、このわしに嘘をつきおった・・・」

 

 

織田信長は、羽柴秀吉を呼びつけます。

「秀吉、そちの間違いではないな?」

羽柴秀吉は、明智光秀の行動を逐一、監視していました。

 

織田信長は、羽柴秀吉からすべてを聞き、明智光秀と話していたのです。

羽柴秀吉は、織田信長に答えました。

「この秀吉に、ぬかりはございませぬ・・・」

 

坂本城に伊呂波太夫が、平蜘蛛を持ってやってきました。

平蜘蛛を手に取る明智光秀。

明智光秀は、信長に平蜘蛛の行方を聞かれたが、言えなかったことを伊呂波太夫に話します。

「言えば、これが信長様の手に落ち、わしは楽になれた・・・」

 

そして、明智光秀は、あることに気づきました。

「そうか、これは罠だ・・・、まんまと引っかかってしまった!」

明智光秀は、松永久秀の罠だと言います。

 

「松永様の笑い声が聞こえるぞ・・・」

「どうだ十兵衛、恐れ入ったか!!」

平蜘蛛を手に取る明智光秀は、声高らかに笑いだしました。

 

 

伊呂波太夫は、松永久秀の伝言を明智光秀に伝えます。

「これ程の名物は、持つだけでも覚悟がいる・・・」

「この平蜘蛛を持つ資格があるの者は、誇りを失わぬ、志高き、心美しき者だけである」

「わしはその覚悟を、どこかに置き忘れてしまった・・・」

 

その場を去ろうとする伊呂波太夫に、明智光秀は言います。

丹波の戦が終わり次第、帝に拝謁したいと・・・。

「今の世を・・・信長様を帝が如何ご覧になるか、それをお尋ねしたい」

明智光秀は、帝の心意を確認することを決めたのでした・・・。

 

今回、ついに盟友である松永久秀が死んでしまいました。

松永久秀は天下の名物である平蜘蛛を、明智光秀に託しました。

その結果、織田信長と明智光秀の仲にひびが入ります。

 

松永久秀の死が、明智光秀に何らかのきっかけを与えたことは確かです。

「わしがだめなら、おぬしが麒麟を呼べ・・・」

これこそが、松永久秀が明智光秀に送ったメッセージではないでしょうか・・・。

 

次回、帝の心意が、明智光秀に伝わります。

それを聞いた明智光秀は、どう動くのでしょうか・・・。

 

-大河ドラマ

© 2021 歴史の未来ブログ Powered by AFFINGER5