大河ドラマ

大河ドラマ「麒麟がくる」第3話「美濃の国」感想

どうも、うめたろうです。

麒麟がくる第3話が放送されました。

第3話のタイトルは「美濃の国」です。

 

今回は、斎藤道三の恐ろしさが、際立っていました。

美濃のマムシが炸裂しました。

 

主要キャスト

明智光秀(あけちみつひで):長谷川博己

明智光安(あけちみつやす):西村まさ彦

斎藤道三(利政)(さいとうどうさん):本木雅弘

斎藤義龍(高政)(さいとうよしたつ):伊藤英明

帰蝶(きちょう):川口春奈

土岐頼芸(ときよりのり):尾美としのり

織田信秀(おだのぶひで):高橋克典

 

3話の感想まとめ

斎藤道三の娘・帰蝶は、明智光秀に会いに、城下町に来ました。

斎藤道三は、敵と内通をしていた土岐頼純(ときよりずみ)を毒殺しました。

帰蝶は、夫を毒殺され、落ち込んでいました。

 

しかも、毒殺をしたのは、自分の父親であることを知ります。

帰蝶は、父がやった行為は本当に正しかったのかどうかを、明智光秀に聞きたかったのです。

 

明智光秀は、「仕方がないことです」と、帰蝶に言いました。

この時代、戦国武将の娘たちは、政略結婚が当たり前でした。

戦国武将たちは、自らの名前を大きくする為や、同盟を組む手段として、娘を嫁がせていました。

 

斎藤道三は、美濃の守護である土岐家に娘を嫁がせました。

それにより、土岐家との繋がりを深くしていました。

 

斎藤道三は、長男・斎藤義龍を連れて、土岐頼芸(ときよりのり)に会いに行きます。

土岐頼純が亡くなった今、美濃の守護職がいません。

そこで斎藤道三は、土岐頼芸に、美濃の守護職になって欲しいと頼みます。

 

斎藤道三は、守護を形だけでも置きたいと、考えています。

しかし、土岐頼芸は、守護職になるのを渋ります。

土岐頼芸は、力を持った斎藤道三がいるから、もはや守護はいらないと考えています。

 

そして、皮肉をこめて「私も毒を盛られたくない」と斎藤道三に言いました。

斎藤道三は、微笑みながら、土岐頼芸に言い放ちます・・・。

 

「操り人形には毒を盛りませぬ」

 

もはや、斎藤道三にとって、土岐氏は飾りにすぎないということでしょうか。

斎藤道三の恐ろしさが、前面に出ています。

もう、「伊右衛門」を飲むのを、ためらうレベルです・・・。

 

土岐頼芸は、斎藤道三をどうにかしようと、息子の義龍に接近します。

そして、土岐頼芸は隣国、尾張の織田信秀に使者を送ります。

 

斎藤義龍の本当の父親は、土岐頼芸という説があります。

母親である深芳野(みよしの)が、斎藤道三の側室になりました。

その時、すでに土岐頼芸の子を、懐妊していたという説があります。

 

 

斎藤義龍は、どんな手段を使っても、成り上がる姿の父親に、疑問を抱きます。

父である斎藤道三よりも、自分が美濃国を収めるのがいいのではないか・・・。

斎藤義龍は、自分が美濃国を治めたいと、思うようになります。

 

明智光秀もまた、国衆と斎藤道三の関係を良く思っていません。

美濃の国を共に良くしようと、斎藤義龍と約束をします。

美濃の国を「麒麟がくる国」にしたいと・・・。

 

古渡城にいる織田信秀に、土岐頼芸から使者が来ます。

しかし、家老の平手政秀(ひらてまさひで)から、情報が入ります。

 

駿河・遠江の守護大名である今川義元軍が、三河に攻めてくるという。

織田信秀は、急ぎ、戦の支度をします。

 

尾張の虎・織田信秀VS東海一の弓取り・今川義元

 

両者の三河を巡る争いが、幕を開けようとしています。

-大河ドラマ

© 2021 歴史の未来ブログ Powered by AFFINGER5