大河ドラマ

大河ドラマ「麒麟がくる」第25話 あらすじ&感想【ネタバレ】

どうも、うめたろうです。

大河ドラマ「麒麟がくる」第25話「羽運ぶ蟻(あり)」は、9月27日の放送予定です。

「麒麟がくる」第25話のあらすじ&感想です。

キャスト

明智光秀(あけちみつひで):長谷川博己

藤田伝五(ふじたでんご):徳重聡

煕子(ひろこ):木村文乃

牧(まき):石川さゆり

朝倉義景(あさくらよしかげ):ユースケ・サンタマリア

山崎吉家(やまざきよしいえ):榎木孝明

織田信長(おだのぶなが):染谷将太

稲葉良通(いなばよしみち):村田雄浩

足利義昭(あしかがよしあき):滝藤賢一

足利義栄(あしかがよしひで):一ノ瀬颯

細川藤孝(ほそかわふじたか):眞島秀和

三淵藤英(みつぶちふじひで):谷原章介

駒(こま):門脇麦

望月東庵(もちづきとうあん):堺正章

今井宗久(いまいそうきゅう):陣内孝則

 

「麒麟がくる」第25話「羽運ぶ蟻(あり)」あらすじ(ネタバレ)

覚慶はついに還俗し、足利義昭と名前を変えます。

越前国の朝倉義景は、足利義昭を受け入れることに迷っていました。

足利義昭は立ち往生を、余儀なくされていました。

 

尾張では、織田信長が美濃を攻略し、ついに美濃国を支配することに成功します。

明智光秀は、家臣の藤田伝吾から手紙が届き、美濃国に訪れます。

織田信長と明智光秀は、久しぶりの再会を果たしました。

 

織田信長は、長年の目標であった美濃を制覇し、次なる戦う理由を模索していました。

そこで、明智光秀は、足利義昭を中心に幕府の再興を薦めます。

 

織田信長が足利義昭の評価を問いただすと、明智光秀は何とも言えない様子を見せます。

越前国に戻った明智光秀。

そこには、足利義昭が待ち構えていました。

 

「麒麟がくる」第25話「羽運ぶ蟻(あり)」感想

 

「麒麟がくる」第25話「羽運ぶ蟻(あり)」が放送されました。

覚慶は還俗し、名前を足利義昭と名を変えていました。

義昭一行らは、朝倉氏を頼り、越前の敦賀にて、朝倉義景の連絡を待っています。

 

しかし、朝倉義景からの連絡がこないため、家臣の細川藤孝らは不安を感じます。

細川藤孝は、「朝倉に上洛する気があるのか」と明智光秀に問いかけます。

明智光秀にも、その答えはわかりません。

 

朝倉義景は足利義昭という男が、担ぐほどの人物かどうか迷っていました。

前回の光秀の報告が、相当、効いています・・・。

美濃国では織田信長が、斎藤龍興から美濃国を奪うことに成功しました。

 

そんな中、明智光秀のもとに、家臣の藤田伝吾から手紙が届きます。

美濃国が織田信長の支配下となり、明智荘を再建したと藤田伝吾は言います。

「いつ戻ってきても暮らせる」とのことでした。

 

 

光秀の母であるお牧は、美濃国に帰ることを決意します。

明智光秀は母を送るため、美濃国に入りました。

あれから11年・・・。

 

明智光秀は、再び美濃国に足を踏み入れました。

久しぶりに藤田伝吾と再会を果たした明智光秀。

藤田伝吾から、美濃国の情勢を聞きます。

 

当主であった斎藤龍興は、家臣たちの心が離れ、美濃は陥落したとのこと。

明智光秀は、藤田伝吾に言いました。

「斎藤高政が生きていたら、このようなことには、ならなかった」

 

斎藤(高政)義龍が生きていた頃、織田信長は美濃攻めに相当、苦戦をしていました。

高政の息子・龍興に変わったため、調略がうまくいき、美濃を崩すことに成功しています。

 

明智光秀は、母である牧と話しています。

身が定まらない自分に、不安になる光秀に対して、牧は言います。

 

「あなたには、土岐源氏の血が流れている」

「誇りを持って、思うがままに行きなさい」

なんとも母親らしい言葉を、光秀に投げかけました。

 

次の日、明智光秀は、織田信長に拝謁するため、岐阜城に入ります。

そこで、かつて斎藤道三の家臣であった稲葉良通(一鉄)と遭遇します。

 

稲葉良通は、斎藤龍興を裏切り、織田信長の家臣となっていました。

稲葉良通は、「共に織田家を支えて行こう」と光秀に言いました。

 

明智光秀は、久しぶりに織田信長に拝謁しました。

織田信長は、明智光秀に聞きます。

「十兵衛・・・、わしに仕える気はないか?」

 

しかし、明智光秀は織田信長の誘いを断ります。

明智光秀は、現在の心境を語ります。

 

「私は、亡き義輝様にお仕えしたかった・・・」

「しかし、義輝様は亡くなり、この先どうしたいのかわからない・・・」

明智光秀は、自分自身に迷いがあります。

 

そんな明智光秀に、織田信長も「自分がわからない」と答えます。

かつて明智光秀に「今川を倒した後、どうするか」と聞かれた織田信長。

その問いに、答えられませんでした。

 

「美濃を平定した今も、わからない」と織田信長は言います。

そんな中でも、織田信長には、わかったことがありました。

 

「わしは、戦が嫌いではない」

「今川を討った時は、皆が褒めてくれた」

「皆が喜ぶための戦ならば、喜んでする」

 

織田信長は、明智光秀に問います。

「しかし、周りは敵だらけで、戦にきりがない」

「どうすればいい・・・」

 

明智光秀は、静かに口を開きます。

「上洛されては、いかがでしょうか」

「新たな将軍に力を貸し、幕府を再興するのです」

「武士が誇りを持てる世・・・、大きな国をつくるのです」

 

明智光秀は、かつて主君である斎藤道三が伝えた言葉を織田信長に投げかけます。

「誰も、手出しができない大きな国をつくる・・・」

 

織田信長は、新たな将軍候補の足利義昭について光秀に聞きます。

「光秀が良いと言えば、その神輿を担ぐ」と、信長は言いました。

 

「大きな国とは、これぐらいか」と無邪気に聞く織田信長。

その場を一周回って、「これぐらいか」と聞いている信長・・・。

なんて、無邪気な男なんでしょう(笑)。

 

京では、駒の丸薬が、好調に売れています。

駒は、その薬を又売りをしている者がいることを聞き、お寺に駆けつけます。

 

そこに、今井宗久(いまいそうきゅう)が登場します。

なにやら、怪しげな笑みをしていましたね。

 

越前国に戻った明智光秀のもとに、客人が来ていました。

その客人とは、足利義昭でした。

足利義昭は、兄が信用していた明智光秀と、一度会話をしたかったと言います。

 

足利義昭は、明智光秀に蟻の話をしました。

「一匹の蟻が、大きな蝶の羽を運んでいた」

「仲間の蟻が寄ってきたが、助けはいらないと、己だけで運ぼうとしていた」

 

足利義昭は、「その蟻こそが自分だ」と光秀に言います。

「将軍と言う大きな羽は、一人では運べない」

「しかし、助けがあれば、運ぶことができる」

 

足利義昭には、まだ迷いがあります。

「将軍になれば、今まで手が届かなかった貧しい人々を救える」

「そう考えると、将軍になるのも悪くない」

 

明智光秀は、足利義昭の考えに感銘を受けます。

足利義昭は、「朝倉義景の助けが必要だ」と光秀に言いました。

 

明智光秀は、朝倉義景に拝謁をします。

朝倉義景は、光秀が義昭と会ったことを知っており、何を話したか聞きます。

明智光秀は、足利義昭と会い、想いが変わったことを朝倉義景に伝えました。

 

「聡明で、弱き者の心がわかる方」

「支えがあれば、立派な将軍になるかもしれない」

 

朝倉義景のもとに、松永久秀から書状が来ていました。

その書状には、足利義昭を担ぎ、織田信長と共に上洛を勧めると書いてありました。

朝倉義景は、明智光秀と松永久秀の話を聞き、上洛することを決めます。

 

「美しい神輿を担ぐのは我々だ」

「神輿は軽い方がいい・・・」

 

そんな中、朝倉義景の嫡男である阿君丸(くまぎみまる)が現れます。

阿君丸が買っていた、ネズミが逃げていなくなったとのこと。

朝倉義景は、かわいい阿君丸のために、皆でネズミを探すのでした。

 

摂津国では・・・。

三好方が推す足利義栄(よしひで)が、14代将軍に就任していました・・・・。

 

今回ついに、足利義昭が将軍となる決意をしました。

それと同時に、三好方の足利義栄が、将軍の座についてしまいます。

義昭を担ぐ一行は、朝倉義景や織田信長を頼り、次の一手に行動することになります。

 

幕府再興を掲げ、平和な世の中をつくりたい明智光秀。

戦をして、大きな国をつくりたい織田信長。

斎藤道三の意志を継ぐ二人の武将が、今、動き出そうとしています・・・。

 

過去の大河ドラマを、U-NEXTの無料トライアルを使えば、無料で見ることができます。



-大河ドラマ

© 2021 歴史の未来ブログ Powered by AFFINGER5